診察科目

コンテンツ

脳神経外科

脳神経外科
ホーム > 脳神経外科

診察について

脳神経外科では主に、脳・脊髄・神経の病気を診断・治療しております。
頭痛・めまい・しびれ・ふらつき・物忘れなどの症状は、脳腫瘍や脳血管障害(クモ膜下出血、脳内出血、脳梗塞等)などの脳の病気が原因である場合があります。脳神経系の病気は、早期発見や早期治療が重要です。下記のような症状がある場合は、お早めにご相談ください。

症状

頭が痛い、頭が重い感じがする/頭を打った/めまい/首や腰の痛み/顔や首、肩の痛み/ふらつき/まっすぐ歩けない/意識や記憶が無くなるときがある/耳鳴り/物忘れ/ろれつがまわらない/言葉がでずらい/吐き気を感じることがある/手足のしびれ/手足が震える
【脳ドックや健診を受けられた方へ】

脳ドックや健診などで見つかった「未破裂脳動脈瘤」「内頚動脈狭窄症」「無症候性脳腫瘍」などの予防的治療についてお悩みの方にも、最新の医療情報に基づき十分にご理解いただけるように ご説明させていただきます。

治療の流れ

診察(問診) 患者様の症状より、検査内容を判断します。
検査 ・MRI検査  ・頚部エコー検査
・X線検査  ・心電図、各種採血
診断 治療方法を判断します。
【得意とする治療】
  • 脳腫瘍(グリオーマ、髄膜腫、下垂体腫瘍など)、脳血管障害(脳動脈瘤、頸動脈狭窄・閉塞、頭蓋内動脈の狭窄、脳梗塞後遺症など)のセカンドオピニオン、術後の経過観察。
  • 機能脳神経外科(三叉神経痛、片側顔面痙攣、パーキンソン病など)の診断・治療。
  • 脊髄・脊椎疾患(椎間板ヘルニア、頸椎・腰椎脊柱管狭窄症、手根管症候群など)の診断・治療。
  • 各種認知機能検査を行っています。正常圧水頭症の画像診断、髄液排出テストなども行います。「長谷川式テスト」

ボツリヌス療法

診断

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉中に注射する治療法です。

ボツリヌストキシンには筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができます。

当院では片側顔面けいれん、眼瞼けいれん、脳神経の収縮する病気、手足(上肢・下肢)の痙縮に対して施行しています。

お薬・サプリメントについて

米ぬかから生まれた脳の健康サプリメント「フェルガード 100M」

初診の方へ

認知症などで脳神経外科での診察をご希望の方のみ、お電話でのご予約を受け付けております。
電話:075-313-7038 受付時間午前9:00〜12:00 午後17:00〜19:30
※お電話によるお問い合わせは、診察時間内にお願いいたします。

当院の情報

ページの先頭へ戻る