診察科目

コンテンツ

機器設備

機器設備
ホーム > 機器設備

機器設備

当院では、できるだけ患者様のご負担が軽減されるよう、最新医療機器を設置しております。
MRI検査装置

日立メディコ APERTO Inspire

磁場を利用して体の内部を調べる検査です。X線は使いませんので、被曝の心配はありません。

【検査】内臓/脳梗塞などの脳内血管/子宮や卵巣など骨盤内の臓器

RADAR
MRIでは、モーションアーチファクト(患者の体動が原因)の影響を考慮しなければなりません。RADARは、モーションアーチファクトを軽減し、任意の断面の画像が得られます。

CE Perfusion解析
急性期脳梗塞の診断に役立つ撮像方法です。
造影剤が毛細血管に到達すると局所的な磁場不均一が生じ、信号強度が変化します。
局所磁場の微細な変化を捉えて画像化します。
脳血流量、脳血液量、平均通過時間の信号変化をカラー表示することができます。

半導体レーザ治療器

メディレーザ ソフトパルス10

関節痛、打撲、捻挫、リウマチ・筋性頭痛、三叉神経痛、肩こり、五十肩、背痛、腰痛など、筋肉・関節の慢性非感染性の炎症による疼痛を緩解する効果があります。※健康保険適用

携帯型心電計

Carryo(キャリオ) ESP-300DX

検査にスペースをとらないため、往診などにも使用します。こちらの心電計は、突然の不整脈があっても、すぐに解析・保存することができます。

【検査】不整脈の有無

頚部エコー検査装置

GE Healthcare LOGIQ Book XP

超音波を利用して、体の内部を検査する機械です。動脈硬化を診ることが可能です。

【検査】頚動脈などの血管や狭窄の程度/血液の流れ/腹部内臓状態や心臓の動き

超音波診断装置

GE Healthcare LOGIQ P7

超音波を利用して、体の内部を検査する機械です。

【検査】頚動脈などの血管や狭窄の程度/血液の流れ/腹部内臓状態や心臓の動き

血圧脈波検査装置

フクダ電子 VS-1500AE

CAVIにより動脈硬化を検査する機械です。
※CAV:血圧に依存しない血管固有の硬さを示す指標

【検査】動脈硬化検査/不整脈の有無

X線

日立メディコ CLINIX

体の臓器や骨の密度の差をコンピュータで画像化します。

【検査】頚動脈などの血管や狭窄の程度/血液の流れ/腹部内臓状態や心臓の動き

グリコヘモグロビン分析装置

A1c GEAR S

指先から採血ができるため、患者様の負担を大幅に軽減します。当院で検査結果が得られます。

【検査】糖尿病・糖尿病合併症検査

骨密度測定装置

A-1000 EXPRESS

超音波により、かかとの骨で骨密度測定ができます。短時間で正確に測定でき、患者様の負担を大幅に軽減します。

【検査】骨密度測定

AED(自動対外式除細動器)

フクダ電子 AED

AEDは救命処置のための医療機器です。電源を入れると音声で操作が指示され、救助者がそれに従って 除細動(傷病者の心臓に電気ショックを与えること)を行うことができます。

心電図

FUKUDA M-E Cardisuny C310

心臓の鼓動が発する微弱な電気信号を波形として記録し、心疾患の治療と診断に役立てます。

【検査】不整脈の有無/虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)/心臓病の有無

ホルター心電図

FUKUDA M-E QR2500

日常生活の中でご使用いただく小型心電図記録装置です。このデータを解析し検査を行います。

【検査】不整脈の有無/虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)/心臓病の有無

呼吸機能検査装置

ミナト医科学 AS-307

肺の生活習慣病としてCOPD(慢性閉塞性肺疾患)が注目されています。COPDは進行性のある疾患であるため、早期に発見し進展を防止することが重要です。

【検査】慢性閉塞性肺疾患

当院の情報

ページの先頭へ戻る